博文

目前显示的是 2024的博文
图片
  GCMSReader ソフトウェア紹介 GCMSReaderは、岛津(Shimadzu)のガスクロマトグラフィー(GC,GCsolution)またはガスクロマトグラフィー質量分析(GCMS,GCMSsolution)ワークステーションで処理されたデータを一括して整理するソフトウェアです。100個のデータファイルがあり、各ファイルに20個の化合物が含まれている場合、手動でデータをまとめると約2時間かかるかもしれませんが、GCMSReaderを使用すればわずか2分ですべてのデータをまとめることができ、有意義な作業に時間を節約できます。 GCMSReaderは、まとめられたデータをExcelファイルに整理し、次の5つのワークシートを含みます。 全データのサマリー : このシートでは、すべての生データ情報を表示できます。 保持時間のサマリー : ここでは、同じ化合物の異なるサンプル間の保持時間を迅速に比較できます。これにより、積分ピークのエラーやピークの誤認識を特定できます。 ピーク面積とピーク高さのサマリー : これらの2つのシートでは、各サンプル間の化合物の面積を比較でき、基質が内部標準または代替物に干渉しているかどうかを判断できます。 濃度のサマリー : このレポートでは、テストサンプルの各化合物の濃度変動を簡単に調査し、外れ値を特定できます。 GCMSReader ソフトウェアのライセンス GCMSReaderはライセンスの検証に「ホスト名」を使用しています。ライセンスを購入する際には、コンピュータのホスト名が変更されないことを確認してください。システムを再インストールする前に、「ホスト名」と「認証コード」のバックアップを取ってください。 このソフトウェアは、簡体字中国語、繁体字中国語、日本語、英語の4つの言語をサポートしています。ライセンスコードを取得する前に、ソフトウェアが要件を満たし、コンピュータで期待どおりに動作するかどうかを作者に確認してください。 一度ライセンスコードが発行されると、返金は受け付けられません。提供された「ホスト名」が正確であることを確認してください。誤ったホスト名の提供によるアクティベーションの問題は、あなたの責任です。 私はAIアシスタントであり、これらのソフトウェアツールの機能やパフォーマンスについては保証できません。問題が発生し

GCMSReader Software Introduction

图片
  GCMSReader Software Introduction GCMSReader is a software designed to consolidate and organize data processed by Shimadzu gas chromatography (GC) or gas chromatography-mass spectrometry (GCMS) workstations. When dealing with a large number of data files (e.g., 100 files, each containing 20 compounds), manual consolidation can be time-consuming (approximately 2 hours). However, using GCMSReader, you can accomplish this task in just 2 minutes, saving valuable time for more meaningful work. GCMSReader compiles the summarized data into an Excel file, which includes five worksheets: All Data Summary : In this sheet, you can view all your raw data information. Retention Time Summary : Here, you can quickly compare retention times for the same compounds across different samples. This helps identify integration peak errors and peak misidentifications. Peak Area and Peak Height Summary : These two sheets allow you to compare compound areas between samples, helping you determine if the matrix

GCMSReader软件介绍

图片
GCMSReader软件介绍 GCMSReader是一款将岛津(Shimadzu)气相(GC,GCsolution)或气质(GCMS,GCMSsolution)工作站处理好的数据进行批量汇总整理的软件,如果有100个数据文件每个文件含有20个化合物,手动汇总数据可能需要2小时左右,采用GCMSReader,仅仅需要2分钟即可将所有数据汇总完毕,为您节省大量工作时间进行有意义的工作。  GCMSReader会将汇总的数据整理到一个excel文件中,文件包含5个工作表,分别为:  1、 所有数据汇总:在这个表格中您可以查看到你的所有原始数据信息。  2、 保留时间数据汇总:在这个表格中,你可以快速查看相同化合物不同样品间保留时间的差异,能快速判断出积分峰错误、识别峰错误。  3、 峰面积和峰高数据汇总:在这两个表格中你可以比对各样品间化合物面积的变化,判断出基质是否对内标、替代物产生干扰。  4、 浓度数据汇总:在这个报表中你可以快速查看检测样品各化合物的浓度变化,很简单的寻找出离群值。 GCMSReader软件授权 GCMSReader软件采用“主机名”来验证是否获得有效授权,在购买授权时请确认计算机不会再更改计算机名称,重装系统前请备份“主机名”和“授权码”。  本软件支持简体中文、繁体中文、日文、英文四种语言,购买授权码前请先联系作者确认软件可以满足您的需求以及可以在您的电脑上符合预期的工作。  软件的授权码一经发出,则不接受退款。请务必保证提供的“主机名”正确,因提供错误主机名造成软件不能激活的责任自负。 Email: www@lingbaoboy.com 软件授权为终身买断制。   软件截图

PS 的高低频磨皮法

在Photoshop(PS)中,磨皮是一种用于平滑皮肤纹理,减少细小皱纹和瑕疵的图像处理技术。高低频磨皮法是一种常用的磨皮方法,它通过将图像分为高频和低频两部分,分别处理细节和整体结构,以达到更自然的效果。以下是高低频磨皮法的基本步骤: 高低频磨皮法步骤: 1. 复制图层 首先,打开你要处理的图像,在图层面板中复制背景图层2层,分别命名高频图层和低频图层(Ctrl + J 或右键复制图层)。 2. 低通滤波(Low Pass Filter) 隐藏第一张高频图层,在第二张低频图层操作。 选择 滤镜(Filter) > 模糊(Blur) > 高斯模糊(Gaussian Blur) 。 在弹出的对话框中,选择一个适当的半径值。这个值将决定哪些细节被认为是低频信息。通常,你可以选择一个相对大的值,以平滑整体结构。点击确定。 所谓的低频其实就是保留了颜色信息,主要用来调色。 3. 高通滤波(High Pass Filter) 选择显示高频图层,在菜单中选择 图像 > 应用图像 > 图层(选择低频图层) >混合(减去,缩放2,补偿值128) >确定后图层设为线性光 。 4. 修复细节 在低频图层修光纤,高频图层修纹理。 这个过程允许你更有选择地处理图像的细节和整体结构,以达到更自然的磨皮效果。记得在整个过程中保留一些皮肤的自然质感,以避免过度平滑和失真。